今週は自転車に乗れませんでした。


ん~乗ろうと思えば乗れましたが、気分的な問題と物理的な問題重なって
しかも仕事も忙しいと言う事もあり、止めました。


さて、先日のブログでも書いた事を少し書きます。


先日の風張林道の下りの事です。
自分ではゆっくり下って、路面を確認しながら降っていました。


・・・確認しながら.....


だが楽しく下っていると


ガツッ...


音は小さかったんですが、衝撃はちょっとありました。
その後前輪のブレーキを掛けると


カカン・・・カカン・・・



と音が鳴りだした。
藤倉で降りて確認すると、ブレーキのリム部分がちょい膨らんでる。
振れてるとかものすごい膨らみが無い感じなので、そのまま大ダワへ。
一応気になっていたので、proshop Hisa へ連絡....
この症状がどんなものか?そのまま走っても大丈夫か?と。


まぁ聞かれても『大丈夫』とは言いづらいよね。
申し訳ないっす。
その後も何度も連絡やらいただいて助かりました。


で、家に帰ってから再度確認!!
やはり膨らみはあって変な削れ方をしていました
そんで回してみるとこんな感じ。






拡大画像(FORのOの下部分です)


IMG_8370.jpg


IMG_8372.jpg


打音検査すると音の変化は聞き取れない。
子どもの顕微鏡?拡大鏡?で見るとカーボンの繊維は思いっきり削れてる。
で、割れの感じは見えない。
ただ、表面のクリア部分というか、面一枚が削れ落ちている。


・・・想像すると、降りの熱でメチャクチャ熱い時にリム打ちをした感じ。
熱いからカーボンが割れないで曲がったのかもしれません。
自分の想像範囲ですけどね(^^;


その日から修理の事ばかり考えていました。


いや、新しいホイールも候補にありましたが、今は止めておこう。
娘の通ってる歯医者から
『歯科矯正したほうが良いね。80万は初回にかかるけど考えて下さい』と言われた。
そのことが頭に過ぎって、簡単に自分の趣味にお金をかけてる場合じゃないんだよね。
おまけに歯科矯正は息子もやって1回につき1万は飛んで行く。
大変なんだよね。


でもmavicのあれはサイクリングエキスプレスで36%off、14万で買えるので
ちょっとポチりそうになった(笑)
ギザギザブレーキのやつね。
今日見たら売り切れになってて良かったわ



さて本題に戻って、このリム打ちホイールをどうするか?
ネットで調べたり、hisaちゃんにアドバイスや情報を受けて、長考に入る。


長考の結果、自分でやれるだけやってみようと思った。
これから書くことは自分の事なので、真似とかはしないでくださいな。


①でっぱりを取る。
②滑らかにする


簡単に書くとこれだけ。
ネットではドライヤーで熱して固定器具でへっこませる方法も教えてもらいました。
うちにある万力で下手に締め上げると変形しそうでやばい。
これは却下。
なら家にある道具で何とかしましょ!!



これこれ、プラモで使ってるやつを出してきました。


IMG_8371.jpg


紙やすり(笑)
400番600番1000番の三種類セット。
これを番号順に使って膨らみを取って行きます。


シュッ..シュッ....シュッ...シュッ


3mmくらいの堅めのゴムに巻いて擦って・・・
一か所だけでなく、全体でうす~~く慣らしながら削っていきます。
ゴムを使った理由は、手で押さえつけて削るとまだらになる可能性が強いから。
これだと均一に力は入る筈。でも


大丈夫だろうか(-ω-;)ウーン



ブレーキ部分を削っているわけだから、当然良いわけがない。
最小限に削りたいから何度も確認しながら削る。
カーボンの中まで樹脂は入ってると思うので、大丈夫だとは思うけど


で、結果こうなりました。







IMG_8404.jpg


でもね、カーボンが割れて落車とかなったらシャレにならないからあまり使うのはよそうかと思ってる。
ちょっと様子見て繊維がばらけてるとか見えたら即捨てますわ。


さて、修理とは別にFFWDのフロントの単発で売ってるの探しまくった。
・・・これがまた無いんだよね~~
だいたいはセット販売で、色も同じのが無い。
それにF6R自体も弾が少なくなってきてる。
これは古いからしかたないよね。


そこでもhisaちゃんが色々な情報を提供してくれて・・・
今回の件で色々とありがとやんす。助かりましたわ(^^;
結論はある程度出たのでそれは後程書くとしましょうかね。


今回のリム打ちで思いっきり割れてたら何買うとか想像しまくってたら
面白くって色々検索かけた。
結果、GOKISOは間違いなく買えないと言うことが分かって涙しましたわwww






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。