2012年8月。
初めての赤城山にチャレンジ。
が、駐車場に着いたとたんに大雨。
当時の記事には降水確率は40%と書いてあった。
それでも行こう!!と思っていたのは今では良い思い出だと思ってる(笑)
今なら間違いなく行こうとは思わないよな。


で、ちょっと前にドMなMさんと秩父にある高原何とか牧場に行こうと話をしていた。
ここは物凄くヘビーで嫌な思い出しかない所。
とにかく鬼の斜度が永遠と続くような場所である。
息子も「もう戻ってカエリタィよ」と泣いたところでもある(大笑)
いつか再挑戦したいとおもっていた。

けど、なぜか最近、私が数キロ走ると両膝が痛くなる。
あまり無理をしたくないので、違うところにしてと懇願ww
どこ行こうかと考えていたところ

赤城山

が思い浮かんだ。
『赤城の山も今宵かぎり』も確かこの山の事を言ってたんじゃなかったけかな?
まぁ歴史は詳しくないからどーでもイイんですけどね。


で、赤城ヒルクラ大会HPの情報を見ると平均勾配は6.4%、最大勾配は9.4%、距離は20.8km
数字見ると大した勾配無いし膝も痛くならないかも...
富士スバルラインに近い感じかと勝手に想像していた。






当日。
集合場所を思いっきり間違えて大分遅れてしまいました....


同じような名前の高校があるから悪いんです。
僕が悪いんじゃありません!!ww



今回はMさん、ともさん、Oさん、私の4人で赤城山に挑戦します。


IMG_9988.jpg


早速用意して出発。
駐車場から数分で赤城ヒルクラの計測開始地点の"上細井町交差点"に着きます。
頑張って登りましょ(^^


IMG_9972.jpg


駐車場出てからは下りは一切なし。
5%位の登りが永遠と続きます。


IMG_9973.jpg


「なんか....結構辛いかも」
口数が初っ端から無くなります。
しかも暑い。
写真とか撮る余裕もないです。
(数枚は下りで撮ったものです。ホント余裕が無かったです)


有名な赤城大鳥居


IMG_9986.jpg


ここからは感想ね


上に行くほど斜度は当然上がります。
でも激坂とかは無い。
でも物凄く辛い。
7%~9%が何キロも続く感じ。
いや、そのくらいあると思う。
下りとか足を休める所が全くなし。
今まで経験したことのない坂です。


正直半分近くで心が折れそうになった。
自分でも判るんだが前輪がふらついてる。
とにかく前輪がふらついて進む気がしない。
下ばっかり向いてしまう・・・・・


時間は恥ずかしくて書かないけど、かなりみなさんをお待たせさせたと思う。
いつも吐きそうとか書いてるけど、今回はマジ(笑)
辛いだけの走りだった。
ケイデンスなんて最後は35で速度は5㎞前後だったんじゃないかな。
もうね自分でも笑っちゃう。
なんとか赤城山をやっつけたけど、自分の力の無さを見せつけられました。


休憩
自転車乗りには大盛り無料らしいよ


IMG_9974.jpg


IMG_9976.jpg


休憩後、予定ではその先の大沼に行く予定でしたが、中止。
正直言って僕には足が殆ど残ってないので助かった感がもの凄い(^^;
口じゃ色々言ってるけど、ホントキツカッタ。


下り・・・・
途中で雨が降ってきた。
今度は寒い。
早く麓まで下りたかったよ。
赤城山、完全に舐めてた。
下りは信号に捕まらなければ、一漕ぎしなくても駐車場に着くと思う。
それくらい平坦(足休め)がない山だった。


打ちのめされた後はお昼。
行ったお店はここ


IMG_9990.jpg


卵とごはんはうどんの後におじや用です。


IMG_9992.jpg


今度は汗びっしょりで食らいつきます。
美味しかったっす。


赤城山・・・・
なんか色々と考えさせられる山だったなぁ。


IMG_9989.jpg















こりゃ~宿題叩きつけられた感がものすごい。








スポンサーサイト