上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

長々と書いてすいません(^^;


特設会場にチケットを見せて入るとすぐ目の前にはあの名機が!!
おぉぉぉ....現役??もの初めて見ましたわ。
勇ましいです。リベットの痕、板金の波、時代をうかがわせます。
言葉や写真では言いにくいものがありますね


DSC_0106_convert_20121202222751.jpg


これもまた縮小してしまうと全く見えませんが、
前方から見るとちょっと気になるところがありました。
たぶん、ダンパー(ショックって言うのかな)は最近のモノが入っていると思われます。
(違ってたら申し訳ないですが)
やっぱり70年前の機体ですから、この手の可動部分は仕方ないのかもしれませんね。


DSC_0110_convert_20121202222842.jpg



そしてついにデモの時間です


まずは機体の説明と来日理由のアメちゃん(ともちんさん風に・笑)の言葉。
東北震災の復興の祈りと支援を込めて....日本が強く美しく頑張ってほしいとの事。
そして館長の説明やアメちゃんの紹介です。
カリフォルニアから来たからこの寒さにはびっくりだろうな(笑)
肩が丸まってますよ。


DSC_0122_convert_20121202222927.jpg


1943年製の栄エンジンに火が入ります
世界で唯一現存してるオリジナルです
機体下にはバッテリーとケーブルでつなげて始動します。
パイロットはキャノピーをスライド....フロントガラスに手を置き、するっとコクピットにもぐり込みます。
映画のワンシーンみたい。


かっこいいぜ~!!ジョン・キントンさん(パイロット名)


カシカシカシ・・・と言う音と共に数回転、軽く回ります。
一度停止。
数秒後、パシンパシンパシシン....プロペラ後部から白煙が上がり、後部に流れていきます。
再び停止。
再度パパシシン....ブロロロロロロロロ.....安定した回転で回り続けます。



DSC_0133_convert_20121202223011.jpg


左手で頭部のキャノピーを持ち前にスライド。
発進OKですね。


DSC_0141_convert_20121202223114.jpg


エンジンはその後も回り続け、数分後に回転を上げます(驚)
滑走路に向かう回転とでも言いましょうか。
動いて欲しいと心から願っちゃいました。
そしてまもなく・・・トトッツトトッツパッパ
エンジンは完全停止。
デモ終了です。


たかが飛行機ですが、歴史も何もかも考えさせられてしまう飛行機。
色々な船から陸からも飛んだんだろう。


DSC_0150_convert_20121202223146.jpg



当時の事は当然知らない自分。
強さと美しさを持った戦う飛行機。
日本の技術の素晴らしさを感じさせられました。
これからは平和の事をずっと伝えていってほしいですね!!
ホント楽しい時間でした。


そういえば私の息子に隼(ハヤブサ)って付けようとしたら怒られたっけな~
いい?思い出です




スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こたつに勝った

零式艦上戦闘機五二型(前編)

comment iconコメント

comment avater

ねおぷり

日曜日はそうとう寒かったと思います。
でも、それだけの価値があったのではないでしょうか?!

zakkwildsさんのブログで知らせて頂いてなかったら、この貴重な体験の機会を逃していたと思います。
ありがとうございました!!

2012年12月03日 07:31

comment avater

zakkwilds

ねおぷりさん

こんちは〜

いやー寒かったです。久々にこんな寒いの味わいました。
でもその分、楽しめましたので良かったです。
館長が話してましたが「今回の来日で最後かも...」と話してましたが、輸送時のダメージが相当大きいらしいですね。
それなら「飛んで来てくれ。空母に乗せてきても。」とか思ったりして(笑)
今回は写真もある程度撮りましたが、やっぱり目に焼付けたいと思い、
なるべくカメラは見ないでいました。
この機会を作ってくれた人達に感謝しとります。
楽しい時間でした

2012年12月03日 10:18

comment avater

ともちん

サスガ2日目になると、エンジン始動も上手になるでしょう。
初日は1回で掛かったのは第3回だけで、第2回なんてバン!と大きな音がして暫く静寂が続いたのです。
オイオイ壊れたかよ~なんて外で心配したりしました。
飛ばなくてもいいから、せめて少し動いてくれればよかったのにと思いました。
ねおぷりさんと、車輪止め外しに行こうぜって笑ったものです。

本当に良い情報を有難うございました。

2012年12月03日 21:20

comment avater

こた

 おおっ! こんなイベントがあったんですか…!?
 これは行きたかったナァ…

 その昔、仕事でアメリカに行った時に、ちょっとだけあったプライベートの時間にスミソニアン博物館に展示されてるゼロ戦を見に行ったコトがあるんですヨ。
 ゼロ戦って、いろんな意味で日本が世界に誇りうる名機ですよネ。
 海軍機では96式艦爆とかありましたが、この機の経験があったからにせよ、やはりゼロ戦は当時の世界の最先端を行く名機であったと思います。
 終戦直後、アメリカ軍に接収されたゼロ戦が星条旗マークをペイントされて飛ばされたコトを思うと、堀越さんとか、当時の三菱関係者の皆さんは忸怩たる思いであったかと。

 む~ん…
 ヒザが痛くて自転車乗れないのをいいことに、次の休みはゼロ戦のプラモデルでも作ったろか! みたいな気持ちになってきました(笑)

2012年12月03日 23:46

comment avater

zakkwilds

ともちんさん

連投どもっす。

このエンジン始動....一発でかからなかったんで、私も壊れたかの?とか思っちゃいました(笑)
この時は心の臓がバクバクいっちゃいました。

掛かった瞬間のプロペラ後部から出る白煙、超嬉しかったです。
あの煙が流れる瞬間、素敵でした。

>飛ばなくてもいいから、せめて少し動いてくれればよかったのにと思いました。

あの特設会場?駐車場?一周してほしかったですね。
そうすれば大好きな後姿も視れたかも。

 >ねおぷりさんと、車輪止め外しに行こうぜって笑ったものです。

あはは!!
マジっすか。そのやんちゃな考え....素敵っす。
飛行機みると悪ガキになっちゃうんですかね(^^)
じゃ~私は後輪を持ち上げますわ!!

 >本当に良い情報を有難うございました。

いやいや、こちらも事前情報に助かりました。
ホント有難うございました。

2012年12月04日 02:15

comment avater

zakkwilds

こたさん

ばんは~~

そうなんですよ。17年ぶり3回目の来日だったんです。
そしてこの来日が最後かも....と宣伝文句がついてます。
確かに70年以上前の機体を何度も分解して運ぶのは
大変な負担がかかるんでしょうね。

子供の頃に初めて読んだ飛行機の漫画、新谷かおるさんの本を見てから
この手のモノが好きになり、今に至っております。
最近のも好きですが、この手の歴史的なものも大好きです。

 >これは行きたかったナァ…

来年の3月にもう一度?最後の始動があります。
多分二度とオリジナルとしての機体は見れないかもしれませんね。


 >仕事でアメリカに行った時に、ちょっとだけあったプライベートの時間にスミソニアン博物館に展示されてるゼロ戦を見に行ったコトがあるんですヨ。

じつは私も飛行機と宇宙もの見たくてここ、行く予定でした。
それとNYのMOMAも。
休館日と予定が変更できず両方行けなかったんですよ。
ここは一度行ってみたい所です。こたさんうらやましいっす。

 >やはりゼロ戦は当時の世界の最先端を行く名機であったと思います。

当時の軍部からの要求、当時の設計思想、どれをとっても他を凌ぐ最先端の機体だと
思います。
急速な時代の流れと物資の不足....真に残念だと思います。

 >堀越さんとか、当時の三菱関係者の皆さんは忸怩たる思いであったかと。

ですよね。
そう思うとゼロ戦とも言いたくないのかもしれませんね~
やっぱり零戦(レイ)なのかもしれません。

 >次の休みはゼロ戦のプラモデルでも作ったろか! 

私はランサーかインプレッサでも(笑)

2012年12月04日 02:37

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。